ロタウィルスワクチンについて

赤ちゃんがうまれたら、すぐ考えてください「ロタウイルスワクチン」のこと。

ロタウィルスロタウイルスは乳幼児に多く発症し、保育園や幼稚園、学校などで集団感染したり、 きょうだい同士で容易に感染したりする感染力がとても強いウイルスです。重症化すると入院する子も多くいて、脳炎や脳症を起こし、後遺症を残すこともあります。

 

日本では「G1」.「G2」.「G3」.「G4」.「G9」という5つの型が多くみられますので、5価のワクチンを接種します。

 

接種対象 生後6週〜32週
接種回数 3回(4週以上の間隔で)
接種量 2.0ml経口接種

 

初回から5つの型への免疫が獲得でき、3回飲むことで免疫が確実になります。

 

 

 

 

ロタウィルスワクチン

10歳以上の女性には全て有効な、子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がんは、発がん性HPVの感染が原因です。

 

10歳以上の女性には全て有効な、子宮頸がん予防ワクチンについて子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルス感染が原因で起こることが知られています。HPVはとてもありふれたウィルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。特に若い世代の感染率は非常に高いといわれています。

 

HPVは100種類以上の型がありますが、このうち16型、18型が子宮頸がんの原因の約65%を占めています。子宮頸がんワクチン 接種により、このHPV16型・18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。

 

10歳以上の女性には全て有効なワクチンです。

 

しかし、日本では子宮頸がんワクチンの副反応が社会的問題となっており、このワクチン接種 は中断している状態です。詳細については、院長にお聞き下さい。

 

定期的な子宮頸がん検診が必要です

 

子宮頸がん予防ワクチンは、HPV16型と18型の感染は予防しますが、すべての発がん性HPVの感染を予防できるわけではありません。また接種前に感染している発がん性HPVは排除できません。既に発症している子宮頸がんや、前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の進行を遅らせたり、治療することもできません。

 

子宮頸がんワクチンを接種しても、定期的に検診を受けましょう。子宮頸がんは長時間かけて発症する病気であり、早期に発見すれば、がんになる前に治療が可能です。

 

予防ワクチンと検診で、子宮頸がんからより確実にあなたの体を守りましょう。

あなたは、食べ物で病気になっていませんか?

遅延型フードアレルギー検査のご案内

 

従来とは、異なるアレルギー検査です。


あなたは、食べ物で病気になっていませんか?食べ物によるアレルギーは様々です。涙目や目のかゆみ、鼻水や鼻のかゆみ、湿疹などが、その一般的な症状であり、このタイプのアレルギーは、即発型、またはIgE免疫介在型アレルギー反応と呼ばれています。これらの反応は通常激しく突然に起きるため食べ物と症状の関係は明確で自覚しやす特徴があります。

 

後から症状が出る、遅発性アレルギーというものがあります。

もっと奥に潜んだアレルギー、IgG免疫機能による遅発性の反応は、発症に数時間から数日間もかかり、長時間続くため、原因を認識するのが容易ではありません。このため、存在にまったく自覚できない可能性があります。症状としては、全身疲労、イライラ、頭痛、痩せにくさ、制御不能な食欲、注意散漫などが挙げられます。

 

96種類の食品目を一括で検査します。


検査は血液を少量採るだけで、とても簡単です。今まで知ることができなかったアレルギーを見つけ、食生活を見直すことで、無意識に抱えてきた症状を改善することができます。

 

原因不明の問題に、改善が期待できます。

 

USバイオテック研究所に寄せられたケースでは、ADHD(注意欠陥過活動性障害)と診断された9歳の子供は、乳製品・卵・グルテン・麦と幾つかの野菜と果物に激しい反応が出ていることが分かり、2週以内に行動が改善されたという報告や、長年にわたって慢性の咳に悩まされていた48歳の女性がトウモロコシ・大麦・胡麻・卵白・バナナ・洋梨・ブドウなどに高いアレルギー反応が出ていたことが分かったという報告もあります。

先頭へ
    お知らせ
ロタウィルスワクチンについて
赤ちゃんがうまれたら、すぐ考えてください「ロタウイルスワクチン」のこと。
ロタウイルスは乳幼児に多く発症し、保育園や幼稚園、学校などで集団感染したり、 きょうだい同士で容易に感染したりする感染力がとても強いウイルスです。重症化すると入院する子も多くいて、脳炎や脳症を起こし、後遺症を残すこともあります。
日本では「G1」.「G2」.「G3」.「G4」.「G9」という5つの型が多くみられますので、5価のワクチンを接種します。
接種対象 生後6週〜32週
接種回数 3回(4週以上の間隔で)
接種量 2.0ml経口接種
初回から5つの型への免疫が獲得でき、3回飲むことで免疫が確実になります。

10歳以上の女性には全て有効な、子宮頸がん予防ワクチンについて
子宮頸がんは、発がん性HPVの感染が原因です。
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルス感染が原因で起こることが知られています。HPVはとてもありふれたウィルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。特に若い世代の感染率は非常に高いといわれています。
HPVは100種類以上の型がありますが、このうち16型、18型が子宮頸がんの原因の約65%を占めています。子宮頸がんワクチン 接種により、このHPV16型・18型の感染をほぼ100%防ぐことができます。
10歳以上の女性には全て有効なワクチンです。
しかし、日本では子宮頸がんワクチンの副反応が社会的問題となっており、このワクチン接種 は中断している状態です。詳細については、院長にお聞き下さい。
定期的な子宮頸がん検診が必要です。
子宮頸がん予防ワクチンは、HPV16型と18型の感染は予防しますが、すべての発がん性HPVの感染を予防できるわけではありません。また接種前に感染している発がん性HPVは排除できません。既に発症している子宮頸がんや、前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の進行を遅らせたり、治療することもできません。
子宮頸がんワクチンを接種しても、定期的に検診を受けましょう。子宮頸がんは長時間かけて発症する病気であり、早期に発見すれば、がんになる前に治療が可能です。
予防ワクチンと検診で、子宮頸がんからより確実にあなたの体を守りましょう。

あなたは、食べ物で病気になっていませんか?
遅延型フードアレルギー検査のご案内
従来とは、異なるアレルギー検査です。
あなたは、食べ物で病気になっていませんか?食べ物によるアレルギーは様々です。涙目や目のかゆみ、鼻水や鼻のかゆみ、湿疹などが、その一般的な症状であり、このタイプのアレルギーは、即発型、またはIgE免疫介在型アレルギー反応と呼ばれています。これらの反応は通常激しく突然に起きるため食べ物と症状の関係は明確で自覚しやす特徴があります。
後から症状が出る、遅発性アレルギーというものがあります。 もっと奥に潜んだアレルギー、IgG免疫機能による遅発性の反応は、発症に数時間から数日間もかかり、長時間続くため、原因を認識するのが容易ではありません。このため、存在にまったく自覚できない可能性があります。症状としては、全身疲労、イライラ、頭痛、痩せにくさ、制御不能な食欲、注意散漫などが挙げられます。
96種類の食品目を一括で検査します。
検査は血液を少量採るだけで、とても簡単です。今まで知ることができなかったアレルギーを見つけ、食生活を見直すことで、無意識に抱えてきた症状を改善することができます。
原因不明の問題に、改善が期待できます。
USバイオテック研究所に寄せられたケースでは、ADHD(注意欠陥過活動性障害)と診断された9歳の子供は、乳製品・卵・グルテン・麦と幾つかの野菜と果物に激しい反応が出ていることが分かり、2週以内に行動が改善されたという報告や、長年にわたって慢性の咳に悩まされていた48歳の女性がトウモロコシ・大麦・胡麻・卵白・バナナ・洋梨・ブドウなどに高いアレルギー反応が出ていたことが分かったという報告もあります。

ADDRESS
埼玉県越谷市上間久里1050
せんげん台駅西口より徒歩3分
駐車場完備

TEL
048-976-3541

Copyright SHIRAMIZU MATERNITY CLINIC.
All rights reserved.